•  
  • 列島宝物館

  • 写真素材館


ル・コルビュジエの建築作品 -近代建築運動への顕著な貢献-
世界遺産推薦中




 ル・コルビュジエ (1887~1965)の建築群。
 世界遺産暫定リスト登録時にはフランス(クック邸、ラ・ロッシュ・ジャンヌレ邸、サヴォア邸、ジャウル邸、ペサックの集合住宅、カップ・マルタンの小屋、救世軍難民院、スイス学生会館、ナンジュセール・エ・コリ通りのアパート、マルセイユのユニテ、ロンシャンの礼拝堂、ラ・トゥーレットの修道院、サン・ディエの工場、フィルミニの建築物群)、ベルギー(ギエット邸)、スイス(ジャンヌレ邸、シュウォブ邸、レマン湖畔の小さな家、イムーブル・クラルテ)、アルゼンチン(クルチェット邸)、ドイツ(ヴァイセンホフ・ジードルングの住宅)、日本(国立西洋美術館(本館))、インド(チャンディーガル)の計7ヶ国、計23物件が選定された。
 2008年、フランス政府から推薦書を提出する直前にインドが辞退し、計6ヶ国、計23物件となった。
 2009年、第33回世界遺産委員会で審議された結果、情報照会となり世界遺産の登録が延期された。その後の構成資産の見直しで名称が「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」(L'oeuvre architecturale de Le Corbusier - Une contribution exceptionnelle au Mouvement Moderne -)に変更された。
 その後、推薦資産が見直され、クック邸と救世軍難民院とシュウォブ邸を除外して構成資産を19件として2011年に再推薦された。同年のICOMOSによる勧告では不登録に、第35回世界遺産委員会では継続審議とされ、前回よりも厳しい結果となった。一方で、ICOMOSはフランスの3件(サヴォワ邸、マルセイユのユニテ、ロンシャンの礼拝堂)については、顕著な普遍的価値を認められるとした。

世界遺産の範囲

コア地帯 
合計計19件 (6ヶ国 / フランス (14), 日本 (1), アルゼンチン (1), ベルギー (1), ドイツ (1), スイス (4件))
備考2008年:インド(チャンディーガル)は推薦前に辞退。
2011年:フランス(クック邸と救世軍難民院)、スイス(シュウォブ邸)を除外。

フランス

マルセイユのユニテ (Unite d’Habitation)
ロンシャンの礼拝堂 (Chapelle Notre-Dame-du-Haut)
サヴォア邸 (Villa Savoye)
ラ・ロッシュ・ジャンヌレ邸 (Maison La Roche et Jeanneret)
ジャウル邸 (Maisons Jaoul)
ペサックの集合住宅 (Cite Fruges)
カップ・マルタンの小屋 (Le Corbusier's Apartment, Immeuble Molitor)
スイス学生会館 (Pavillon Switzerland, Cite Universitaire)
ナンジュセール・エ・コリ通りのアパート (Immeuble Molitor)
ラ・トゥーレットの修道院 (Couvent Sainte-Marie-de-la-Tourette)
サン・ディエの工場 (Usine Claude et Duval)
フィルミニの建築物群 (Firminy-Vert site)

日本


アルゼンチン

クルチェット博士邸 (Maison du Docteur Curutchet)

ベルギー

ギエット邸 (Maison Guiette)

ドイツ

ヴァイセンホフ・ジードルングの住宅 (Weissenhof-Siedlung Houses)

スイス

ジャンヌレ邸 (Maison Jeanneret-Perret)
レマン湖畔の小さな家 (Villa le Lac)
イムーブル・クラルテ (Immeuble Clarte)

関連リンク

世界遺産
白神山地 屋久島 法隆寺地域の仏教建造物
姫路城 古都京都の文化財 白川郷・五箇山の合掌造り集落
原爆ドーム 厳島神社 古都奈良の文化財
日光の社寺 琉球王国のグスク及び関連遺産群 紀伊山地の霊場と参詣道
知床 石見銀山遺跡とその文化的景観 平泉-浄土思想に関連する文化的景観


参考ページ


商用写真



非商用の場合にはサムネイル・拡大写真/画像を無料でフリーの写真素材、ホームページやブログの素材としてご利用いただくことができます。写真の改変なども自由です。詳しくは写真の利用についてをご覧ください。
Copyright (c)2002-2018 i-treasury.net All Rights Reserved.